HOME > 職人日記

職人日記

朝倉 幸男?!(笑)

今日は仕事やお店とはあまり関係のないことですが・・・。

私(店主)は、体質的に朝からエンジン全開で動けません・・・。

いつものように、ゆっくりコーヒ飲みながらいっぷくしていると。

開店、1時間前から来客が!

さすがお盆期間!
と、思ったら。。。

TVQ 『雨ニモマケズ、』の朝倉幸男さんが(笑)
取材で来られたのですが、顔が面白くてずっっっと(笑)(笑)(笑)
思わず、一緒に写真撮って下さいと(笑)

IMG_2681 (002).jpg

お互いに、ここまで何とか生きてこれたね~と、わけの分からない会話を。。。
面白すぎて店の宣伝は、ほぼ出来ず。
なぜか、名刺を3枚も頂きました(笑)


気分も軽く帰宅していると、行きつけの居酒屋の前で店員と目がバッチリ
何かよらないといけない雰囲気に・・・beer

最近、いつもいっぱいで・・・。あまり教えたくないのですが。
『めしや漠』呉服町にあります。
美味しいですよ。 ちょっと大人の雰囲気です!
IMG_2673 (002).jpg

日がよければ店員さん一発芸も見れるはずです!
沖縄出身の彼に尋ねてみて下さい。

IMG_2633 (002).jpg

今日は、まっすぐ帰りたいと思います。

<店主>

一番複雑な染め替え方法の紹介 (振袖・留袖・訪問着など)

染め替え?
どんな感じ?
染め替えたいけどどうしたら?
そんなお客様が多いと思います。

①お母様の振袖をお嬢様へ! お嬢様好みの色に!

②嫁入り道具で誂えた派手な色の訪問着を落ち着いた色に!

③黒留袖はもう着る機会がないので色留袖に!

そんな、ご要望が年に数回ほどあります。


できるんです!
IMG_2480 (002).JPG
柄を伏せて地色の部分のみ違う色に染めます。

ただ、ここで問題なのが元の色より濃くしか出来ない事でした・・・。

が、

Q)この着物  何だと思いますか?
IMG_2482 (002).JPG

A)実は「黒留袖」です。
洗い張り後、柄伏せし地色のみ漂白しました。
1回目の漂白でこの後、2度目の漂白し地色を染めて色留袖に生まれ変わらせます。

想い出のお着物。
生まれ変わらせて、また数十年と着て頂ければウレシイですね。

もちろんヤケや黄変などの場合、染め替えが必要なく直す事がほとんどです。

悩んでいる方!
一度、ご来店頂いて着物の状態とお客様のご要望をお伺いし色々な方法をアドバイスさせて頂きます。

元気いっぱいお待ちしています。

<店主>

休憩したら「暈しの着物」、「博多の帯」も大勉強します!

4月12日(金)から始まりました「5周年大感謝セール!」

本日は少しゆっくりとしていましたが、
多くの方にお越し頂きありがとうございました。

明日17日(火)、18日(水)とお休みを頂きます。
皆さまお間違えのないようお気を付けください。
※少し疲れが出てきました・・・。


19日(木)~22日(日)まで最後4日間!
なぜか、WEB担当のスタッフまでやる気満々です。

4色の暈し染め 当店のオリジナルです。
今まではバーゲン除外品でしたが今回は頑張ります!
IMG_2517A.JPG

献上柄の博多織
今年博多織 777周年記念に製織された一点です。
先日一目惚れして仕入れました。
これも、仕入れ後10日も経っていませんが頑張ります!
IMG_2519B.JPG

シミ抜き、染め、仕立て関係も特別価格にて承りますので是非、お持ちください!

<店主>

お宮参りの祝着 しみ抜き

お宮参りや七五三の祝着の預りが非常に多くてビックリしています。

20~30年前に子供さんに着せた祝着をキレイにして今度はお孫さんに。

写真の祝着は袖部分ですが、全体カビ黄変でした。
IMG_0992b.JPG

カビ抜きした後に黄変部分を全て直し、最後に丸洗いしホコリやダニ等もキレイに洗いました。
子供さんが着る物なので特にキレイに。
IMG_1043a.JPG

20年以上、タンスに仕舞いっぱなしの着物をそのまま子供さん着せる方がいますが・・・。
中には防虫剤臭いものも少なくありません。
健康にも良くないので一度キレイにしてから節句で着ることをおススメします。



カビからの変色 塩瀬名古屋帯

20年以上前の塩瀬の名古屋帯です。

着用の機会も少なくタンスの肥しになっていたそうです。

白地の柄の部分にカビからの変色と一部、地色の黒がにじんでいました。
画像では分かりにくいですが、帯全体もカビが出ています。
IMG_2435B.JPG

カビは丸洗いでは落ちません。
帯全体を一度水処理し、柄など変色している箇所は再度部分的に染め直します。
IMG_2439A.JPG

もちろん新品にはなりませんが、諦めていたカビや古い変色もキレイになり生まれ変わります。

お悩みの着物がございましたら一度ご相談下さい。

<店主>

羽織の染め替え/店主

職人日記・第一弾目は店主が筆を執ります。


今回は、お母様から譲り受けた羽織の相談です。

DSCN0423(b).jpg

前提として、あまりに気に入って無いのでどうにかして欲しいとのこと・・・。

かなり古いものでカビからの黄変とヤケが有るため、そのまま染めても
黄変・ヤケを直してから染めても、どちらにしろ染難(ムラ)が出やすい状態となっていました。

生地に銀糸の縫取り(織)で柄が有る為そちらを最大限に生かすこと、
また染難が目立たない方法をお客様と綿密に相談した結果、最終的に一つ気に入って頂けた方法と色が見つかりました。

更に、昔の物なので反幅が狭く裄(手の長さ)が足りないという問題も。
洗い張りを施した後、染める際に白生地(3尺程)も一緒に染め、仕立ての際に袖付けに足して仕立てました。

DSCN0756(A).jpg

「想像以上の出来上がりです!」と喜んで頂け、安心致しました。


染め替えは形のある物を販売するサービスでは無いので、出来上がりはある程度お任せ頂かなければ出来ないサービスです。

極力、お客様の要望に応える為に色が合わない時はコストを無視で数回染める場合もあります。

派手になって着なくなった着物などを染め替えをお考えであれば、
どう生まれ変わるか想像し楽しみながらご相談頂ければと思います。


祝!【職人日記】開設!


こんにちは!突然ですが・・・
はじまりました、職人日記!
こちらの日記は、めゆいで活躍する職人達が

「お直し・加工の工程風景」
「日頃のお手入れやケアについて」
「明日から使える!マメ知識」


などを、これからどんどんお伝えしていきます!
乞うご期待✨

siba.png
ken.png

1

アーカイブ

このページのトップへ