HOME > めゆいとは

めゆいとは

about_mon.jpg

元は絞りの形が原型で、 近江源氏の佐々木一族が使用していた家紋の四ツ目紋のことです。この紋は目結いの「結」の字を結束の象徴として、日本中で繁栄してきました。

「目」の字は人間の目ではなく『間』と『空間』を表現しており、“目結い紋”は人と人を結ぶ役割を担っています。



「想い出の詰まった着物を大事にして欲しい ――」

めゆいでは、本来は裏方であるシミ抜きのプロ、仕立てのプロ、着付けのプロなど、職人たちが直接店頭に立ってお客様一人一人のニーズや想い、こだわりに応えています。

店内に設けられたお手入処にて、お客様の想い出の詰まった着物のお手入れやお直しを職人が直接相談にのり、お客様のニーズに合った方法で着物をよみがえらせる提案をいたします。

このページのトップへ